最近の視生活は、スマホ・ゲーム・タブレットの影響も大きな要因

ですが、慶応大学で発表された内容には驚きました。

最近の子供は外で遊ばないため「バイオレットライト」を浴びる時間が

少なく軸性近視が進行している人が多くなっているそうです。

バイオレットライトと軸性近視の関係は気にになりますね。

(バイオレットライトとは、太陽の光線の短波長の紫の光線です。軸性近視

とは眼球の長さが大きくなることです)

一日2Hは外で遊んで太陽光線を浴びると近視抑制につながるとのこと

です。

 

以下、子供の日常生活で気になる点をチェックしてみてください。

3つ以上で目の使い方に問題あるかも・・・・。

 

□ 読書きが遅い。しっかりかけない。

□ 教科書の行を読み飛ばすことがある。

□ 漢字を覚えることや図形が苦手

□ ゲーム・スマホを1日3H以上

□ 球技が苦手。ボールをうまくとれない。

 

3つ以上チェックが入る人は「視機能」のどこかに問題が

あるかもしれません。

当センターで視機能検査をどうぞ!

弱い点や強みの点が発見できると思います。(^o^)