子供たちの視覚機能(見る力)が完成するのは6歳ぐらいといわれてます。(両目で同時に見る機能で立体感や距離感を認識する機能)

この両目で見る機能と同時にスポーツに必要な「動体視力」は、6歳~12歳位急速に発達していきます。

この時期がゴールデンエイジとなりす。子供の視覚能力向上は、この年齢にいかに視機能トレーニングを行ったか。なんです。





有名なイチロー選手のエピソードを紹介しておきます。イチロー選手は、少年の頃、走っている自動車のナンバーを見て四桁の数字を瞬時に足し算をするという遊びを日常的に行っていたそうです。

視覚機能が発達する少年期にこのような目のトレーニングを行っていたら動体視力や視覚機能が発達するのはあたりまえです。

あのイチロー選手のプレーを支えているのは超一流の視機能があるからなのです。



同時に知っておきたいのが50歳を超えてくると小学生低学年レベルの動体視力しかなくなります。そのため自動車などの事故が多発していることも事実なのです。