スポーツや運転などにおいての”距離感や立体感”についてサッカーの選手のプレーを例に考えてみました。

どのスポーツ競技のアスリートにも大変必要な「距離感」や「立体感」サッカーやラグビーはこの広いグランドでプレーをするわけなのですが一流の選手はあの広いグラウンドにおいて正確なパスを蹴るパスを出す技術や感覚を持っています。あの正確なパスの精度と”目”はどのような関係があるのか。ご存知でしょうか!?



人の目は、片目を閉じて見ていると一枚の写真のように平面の状態でしか見えないのですが両目でものを見ると遠近感や立体感が生まれてきます。これを「両眼視」といいます。片眼でしか見ていない人「斜視」「不同視」「弱視」などの人が見ても正確な距離感はわかりません。

下記イラストは、右目で見た物体と左目で物体は、左右の目で見る角度が違うため違う映像が脳に送られるのですが、この違う映像が頭の中で立体感や距離感を作り出します。・・・・「両眼視差」



すなわち右と左で違う映像を脳に届けないと3D映像にみえないのです。そのため片眼しか使わない人は立体感や距離感がわからず広いフィールドでの正確なパスだしなどに苦手を感じるのです。 2Dの状態(平面)、とくにアスリートは左右の視力もしっかりよく見える状態を維持し「両眼視」のトレーニングが重要です。

ビジョントレーニングでは、両眼視のトレーニングを重点的に行います。(輻輳・開散運動や視空間認知)ふくそう・かいさんと言います。



当センターでは、両眼視トレーニングをしっかり指導いたします。距離感・立体感が格段にUpします。スポーツも運転もスーイスイ!