先日、ある高校の女子バレー部監督(先生)よりバレーのチーム力UP、試合に勝っていくため視覚機能強化スポーツビジョンの指導の依頼を頂きました。



現在は、

どのスポーツ競技も「筋力・体力・持久力」だけではすでに限界がきてます。視覚機能の強化が競技能力向上のポイントだと思います。なぜならば外界の情報の80%は視覚から取り入れているからなのです。目

スポーツの種類により重要な視機能項目の内容も少々異なります。スポーツビジョン7項目全て必要ですが特に重要な項目は種目により違います。

野球やテニス、卓球などの球技系統はボールを追う競技になるため重要な目の機能といえば、「眼球運動」「動体視力」「両眼視」この辺の視機能が重要な項目になります。ボールの動きに合わせて視線を切り替えたり追尾したり両眼視でボールの距離感を認識しながら競技をしてます。球技関係はこの辺りの視機能強化が必要なんですが、バレーボールは同じスポーツでも重要な項目が少し変わってきます。

バレーボールで特に重要な視機能は、「周辺視野」「瞬間視」の2つの視覚機能能力なのです。びっくり

バレーボールは、ひとたびプレーが始まると笛がなるまでボールが動いておりプレーが止まりません。相手からのサーブが入ると、レシーバーはセッターにボールをパスすると思います。セッターは味方の陣形と相手の陣形、ボールの位置距離など広い視野で瞬間に判断しボールコントロールしてスパイカーにトスを上げたり指示をだしたり瞬時にゲームメイクを行ないます。アタッカーにおいては、ジャンプしたと同時にボールを見てタイミングを合わせることはもちろんですが同時にブロッカーの隙間や相手のフォーメーション、陣形の隙間を瞬時に判断して見る能力が必要になるのです。



この目の視機能をトレーニングでUPしていく必要があります。

バレーボールや広いコートを見渡し味方チームと敵チームの位置や陣形の判断を瞬間に認知して動いているボールをコントロールしながら広い視野で得点を上げていく幅広い視機能の能力が必要なのです。

冒頭で書いた野球系のスポーツとは、違った視機能の重要項目が違うのです。

視機能やビジョントレーニングについてのご相談やお問合せお待ちしてます。

チーム指導もご相談ください。