本日は、打者がボールを打つまでの一連の動きを考えてみました。

投手が投球動作に入りボールを投げ終えるまで打者は投手のどこを見ているのでしょうか。



多くの打者は投手の手からボールが離れるまでは投手の肘のあたりに視線を置いています。よく言われるのが投手の手首を見て球種を見極めていると言われていますが実際は早すぎて見抜くことはできないそうです。

打者は視線をどのように使っているのでしょうか。投手の投げたボールが「山なりきたらカーブ系」「鋭角にきたらストレート系」という感覚(周辺視野)で球種を判断しています。

プロの投手が投げたボールは、約0.4秒でベースまで届きます。打者はこの0.4秒でボールをバットの芯にあてるため「視覚機能」を駆使してボールを見極めます。



最初に「周辺視野」で相手投手の癖を見極めたりストレート系か変化球系かを見極めます。打者に迫ってくるボールを「追従性眼球運動・パスート」で目でボールを追います。同時に手前に向かってくるボールに「輻輳」(より目)と調節が入ります。ここの輻輳運動が弱いとスピードボールのボールとバットの距離感覚が苦手になります。

この時に迫ってくるボールに対して「両眼視」が自然と働き、自分とボールとの距離感を瞬時に判断しています。
(人間の視機能はすごいですね)びっくり

スライダーなどの球種はベース付近で急に変化するため視線の動き、眼球運動が弱いとボールを見失います。視機能の能力が高いと選球眼がよいのでボール球に手をだしません。

眼球運動の動きが硬く目の筋力が弱いと頭が動いてしまうため軸もぶれてしまいます。体の中心で軸がぶれないようにボールを見極め「目と手足の反応」でバットコントロールしバットの芯にあてていきます。



このように打者はボールをバットの芯にあてるため視覚機能を無意識に駆使して使っているのです。