検査の重要性


すべてはここからはじまります

正しいトレーニングを行うために、まず視機能を正確に計測することはとても重要です。また、メガネを作成する場合でも、正確に計測することで、ひとりひとりにあったメガネを作成することが可能になります。

一般のメガネ店で行う検査とは全く違います

米国式21項目検査という検査技法で「屈折異常」や「視覚機能」の強さや弱点などを計測します。また、色覚検査表を使った、いわゆる「色覚検査」も可能です。

検査方法


米国式21項目検査という検査技法で「屈折異常」や「視覚機能」強さや弱点などを計測します。


米国式21項目検査とは、アメリカのオプトメトリスト(検眼士)が両眼視機能を計測するための検査技法で、自分の持っている視覚機能と不足してきた視覚機能をメガネレンズで補ったりビジョントレーニングで落ちてきた視覚機能をトレーニングやストレッチの指導をおこなう人です。
当センターでは、この検査技法をおこないご自分の視機能を計測して「不」があればストレッチやトレーニングを指導していきます。

検査の様子


一番基本で重要な視力の検査を行いす。すべてはここからです。

ここでは、眼位ズレをカバーテストで確認しておきます。遠方と近方と両方です。

より目の力(輻輳力)の状態を確認します。この能力が弱いと遠近感や距離感がつかめません

レチノスコープという検査器具で、近視、遠視、乱視を確認し透光体(角膜水晶体・硝子体)の状態を確認します。ここで問題があれば眼科を推奨します。

自覚検査に入ります。ここでの検査は、「屈折異常」近視、遠視、乱視の確認を行います。

近方視力検査と近方での眼位ズレなどの確認を行います。

この検査は近方での立体感の確認です。近方視で両目をうまく使えているか。チェックを行います。(立体視テスト)

この検査は、ピントの切替がスムーズに行えているか、スピードと反応を確認します。(焦点合わせの力)

こんな方にオススメ


スポーツを極めたい

アスリート

– プロのアスリート
– 高校スポーツだけど極めてみたい

仕事で目が疲れる

社会人・OL

– パソコン仕事で目が疲れる
– 残業が多くて睡眠も取れていない

子どもの集中力が続かない

お子さまのいる親御様

– 子供が勉強に集中できない
– 教科書の行を読み飛ばすことがある

目の衰えが気になる

シニアの方

– 車の運転が気になる
– 新聞や本の文章を読み飛ばすことがある

料金