お子様


子供さんの日常生活や学校生活で気になる点はないですか?

  • 読み書きが遅い。しっかり書けない
  • 教科書の行を読み飛ばすことがしばしばある
  • 落ち着きがない。じっとしていられない
  • 漢字を覚えることが苦手である
  • ボールをうまくとれない。球技が苦手

これらの症状は、目の使い方に問題があるかもしれません

子供さん向けの視知覚検査

最近の子供達の中には、「見る力」が弱いために文字の読み書きなどに学習困難を抱えている場合が少なくありません。「WAVES」は、(視知覚、眼球運動、目と手の協応)の視知覚関連の基礎スキルの検査を行い子供達の弱い部分発見します。

検査からトレーニングまで

まず検査を行い、トレーニング指導(1回)を行います。その上で、教室に通っていただく必要があるかを判断します。トレーニング教室(通い)が必要と判断した場合は、教室の内容を説明し、ご納得いただいた上で、トレーニングを開始します。メガネが必要と判断した場合には、ご相談の上、メガネを製作してからトレーニングに入ります。なお、団体の方は出張セミナーもございますので、ぜひご活用ください。

①検査


検査の流れ

問診

目についての質問をいくつかお聞きします

視力検査

一般的な視力の検査

屈折異常検査

近視、遠視、乱視、老視など確認

ここから視機能検査です。一般的に眼科さんや眼鏡屋さんでもあまり行われない検査です。
視機能の能力を知るには一番重要な検査です。

他覚的眼位・眼球運動テスト

視線のズレ、焦点あわせ、目の動きをチェック

横・縦方向 眼位テスト

遠方・近方視での視線のズレを数値的に計測

外眼筋の筋力テスト

・目の内よせ量や外よせ量を数値的に計測。
この数値で、物が二重に見えたり目の疲れがでやすいなどが大まかにわかります

立体視・深視力テスト

両目を使ってみているか、遠近感や左右バランスはとれているか、などチェック

検査の様子


一番基本で重要な視力の検査を行いす。すべてはここからです。

ここでは、眼位ズレをカバーテストで確認しておきます。遠方と近方と両方です。

より目の力(輻輳力)の状態を確認します。この能力が弱いと遠近感や距離感がつかめません

レチノスコープという検査器具で、近視、遠視、乱視を確認し透光体(角膜水晶体・硝子体)の状態を確認します。ここで問題があれば眼科を推奨します。

自覚検査に入ります。ここでの検査は、「屈折異常」近視、遠視、乱視の確認を行います。

近方視力検査と近方での眼位ズレなどの確認を行います。

この検査は近方での立体感の確認です。近方視で両目をうまく使えているか、チェックを行います。(立体視テスト)

この検査は、ピントの切替がスムーズに行えているか、スピードと反応を確認します。(焦点合わせの力)

②トレーニング


トレーニング

主なトレーニング内容

• バランスボードに乗って動体視力のトレーング
• ブロックストリングス(両眼視、立体視)トレーニング
• フリッパーを使った焦点合わせトレーニング
• 体感トレーニングやバランストレーニング

目的

1. 静止視力
2. 眼球運動
3. 両眼視(輻輳運動・開散運動)
4. 調節
5. 周辺視野
6. 立体視
7. 視覚情報処理機能
(形態知覚、空間知覚)
8. 目と手の協応

トレーニングの例

ステレオバタフライテストです。近方視での立体感覚と両眼視の確認を行います。
点つなぎです。上段の図形と同じように下段に画いてください。視空間認知のトレーニングです。
ビジョントレーニングメインの機械「スプリームビジョン」です。この機械で「眼球運動、動体視力、周辺視野、瞬間視、目と手の協応運動」のテストやレベルに合わせてトレーニングが可能です。
ダーツ、狙ったところに矢を当ててください。絶妙な目と手の協調です。力の強弱と距離感を測るトレーニングには最適なのです。慣れてきたらバラスボードに乗って的あてします。
上下4枚のレンズがついています。凸レンズと凹レンズでピント調整の反応とスピードをトレーニングします。現代人はこの調節機能のストレッチが一番重要です。
3つのビーズが付いたヒモのトレーニング道具を使います。「より目」「開き目」の柔軟性を高め、両目でしっかりものを見るトレーニングを行います。
ペン先やキャラクターの付いた棒でもかまいません。30㎝位の位置から目の方に近づけていきます。8cm以内までより目ができれば視機能的に問題ありません。
眼前に文字や数字の付いたボールを左右、前後に動かします。ボールを集中してみてもらいボールに視線を外さないように文字、数字にピントをあわせていきます。動くボールにタッチするのもよいでしょう。
PCソフトを使った「眼球運動・動体視力・周辺視野・瞬間視」のトレーニングの様子です。
このトレーニングはPCソフトを使用した「周辺視野」のトレーニングです。
平衡感覚を鍛えるトレーニングです。子供達を中心に平衡感覚を身につけていきます。
バランスボードです。平衡感覚と同時にボードに乗った状態で負荷をかけて動体視力トレーニングを行ったりします。

③メガネの製作


両眼視機能検査を行うと視力検査で屈折異常からくる視力低下をメガネやコンタクトレンズで矯正する必要があります。
検査結果に応じて、近視、遠視、乱視用の眼鏡の制作が必要となります。
視力のよい場合はメガネ矯正は不要で現状の視覚機能をUPするトレーニングをお勧めします。

無料体験会


視機能セミナー、ビジョントレーニング無料体験セミナー
毎週曜日9:15〜10:30

毎週土曜日、視機能についてのお話と、トレーニングを無料で
体験できるセミナーを開催しております。
迷っている方、不安な方も、ぜひお気軽にお越しください。


※必ず事前予約が必要です。

セミナー(講演会)


学校

県内の小学校、中学校、高校へ、セミナーにお伺いします。近年、スマホやゲームの普及により、子どもたちの視力は年々低下しています。学校で視機能について正しい認識を教えることにより、少しでも子供達に明るい未来を築いていただけたらと思い、出張セミナーを開催しております。

企業

パソコンを使う仕事やデスクワークなど、企業の業種によっては社員の多くが目を酷使している場合があります。そのような企業様に向けてセミナーを行うことができます。社員の健康増進や福利厚生の一環として、企業としてのセミナーを検討されてはいかがでしょうか。

スポーツ団体

野球、サッカー、卓球、ゴルフ、テニスなど、スポーツにおいて目は非常に大切であることは言うまでもありません。地域のスポーツ団体からプロスポーツ団体まで、あらゆるスポーツ団体の方向けにセミナーを開催しています。まずは下記よりお問い合わせください。

※時期や内容により出張できないケースもあります。
詳しくはお問い合わせください。

料金

お問い合わせ